■ 量産ものこそ国内生産を !! ■

最近は、量産ものは、海外生産にまわされています。
しかし、自動巻き線機を使うトランスの自動生産工程が一般化した今日では、むしろ量産ものこそ国内生産に向いています。

雇用や年金制度を維持するためには、国民経済の活力が求められています。
国民経済の活力を維持するためには、海外シフトよりも国内生産を大事にしたいものです。



弊社の願い 1弊社の願い 2 会社案内事業紹介 環境方針 案内図 || ブログページ